通っている歯医者さんでの治療

子供の頃から歯が弱くよく虫歯に悩まされていました。

現在も歯科医院に通い治療や定期検診に通っています。

今は、それほど酷い虫歯などにもならず、歯垢や歯石の除去、変色してしまった歯の黄ばみなどを歯のクリーニングなどで取り除いてもらっています。

昔は、別の歯科医院で差し歯なども作ってもらいましたが、あの頃は、差し歯などもしっかりとくっつかずに、ちょっと硬いものかんだり、ふとしたはずみでぽろっと取れてしまうことがあって、苦労したのを覚えています。

学校で差し歯が取れてしまい、友達にからかわれて恥ずかしい思いをしました。

しばらく時が経ち、かなり差し歯も古くなったので、今通っているくつい歯科クリニックという歯医者さんで新しい差し歯に作りなおしてもらいましたが、歯医者の腕がいいのか、昔よりも差し歯をくっつける技術が向上したのかはわかりませんが、しっかりと差し歯がくっついているため、ぐらつきやすぐに歯が取れたりする心配もありません。


出典:揖斐川町歯科

また、自分の口の中にとてもなじんでいるので、かみ合わせなどもばっちりです。

また、今通ってる歯科医院では、差し歯以外にも、さまざまな治療を行なってもらっています。

虫歯の治療、奥歯の抜歯、ホワイトニングなどもしてもらいました。

歯が弱いこともありましたが、自分の日々の歯磨きがきちんとできていないことも、虫歯がよくできる原因だったみたいなので、歯医者でブラッシングの指導を受けました。

そして丁寧に歯を磨くようになってから、ほとんど歯が染みたり、また、虫歯の状態になることもかなり減りました。

また、歯をしっかりと磨けていなかった時期では、歯のぐらつきなども自分でも気にはなっていましたが、それが歯周病になりかけていたことなどは知りもしませんでした。

(参考)
歯槽膿漏対策としての歯磨きの仕方・ブラッシング方法

歯医者で歯のぐらつきが気になるとも相談したことがあり、それは歯茎が弱っている可能性があるといわれ、歯茎なども軽くマッサージをするように指導を受けました。

大人になり年齢があがることで歯茎なども弱ってくるため、ある程度歯磨きをする際に、歯茎なども鍛える必要があり、そうすることで歯周病予防にもなるとのことでした。

実際に、歯磨きの時に歯だけでなく歯茎などもしっかりとブラッシングすることをしばらく続けていたら、歯のぐらつきなども収まり、また、ちょっとしたことで歯茎が腫れたり、出血したりすることもありましたが、丁寧にブラッシングを続けていることでそのようなこともほとんどなくなりました。

ブラッシングでこうも口の中の状態に違いがでるのかと、ちょっと驚きましたが、自分の歯や歯茎の状態がかいぜんされていると実感できたのが嬉しくて、まだ改善できる点がないかと自分でもインターネットなどで自主的に調べたり、電動歯ブラシを購入して試したり、また歯磨き粉などもいつも使っているものから別のがいいんじゃないかと、いろいろと試すようになりました。


出典:デンタルフロスの効果は絶大!歯ブラシだけに比べ、約2倍の歯垢がとれる!

またデンタルフロスなども使うようになり、歯の隙間などの食べかすなどもきれいに取り除くように自分で積極的にさまざまなものを試すようになり、その後、定期健診に行った時に歯医者さんに始めて歯や歯茎の状態がよくなっているとほめられたのは、嬉しかったです。

また、自分の歯がかなり黄ばみが濃いかったため、一度ホワイトニングをしてみたいと、歯医者で相談をしました。

最初、歯が弱いということもあり、ホワイトニングの治療に関してはあまりしないほうがいいのではないかといわれましたが、歯の黄ばみがかなり気になったため、できればお願いしたいと改めて頼み、ホワイトニングをすることになりました。

自分がしたのはホームホワイトニングでマウスピースを使い、自宅で薬剤をつけて、数時間放置するタイプのものでした。

これを数週間続けることで、少しずつ歯が白くなり、黄ばみなどもかなり改善されました。

特に歯を真っ白な状態にしたいとは思っていなかったので、自分が納得のいくところまで、黄ばみがとれたので、自分としては満足しました。

歯に痛みや染みるようなことがあったら、その時点でホワイトニングは中断しましょうとの話でしたが、特に痛みや染みるようなこともなく、ホワイトニングをしてよかったなと思っています。

今も、その歯科医院に通い続けています。

定期健診では、歯のクリーニングをしてもらい、薄くついた歯の黄ばみを取り除いたり、歯垢や歯石の除去をしてもらっています。

歯や歯茎の状態が昔に比べて改善されてきているので、虫歯なども今はほとんどできず、歯を削ったりなどすることもほとんどありません。

自宅では、歯磨きを丁寧に行なうことは指導を受けてからずっと継続しているため、磨き残し、また歯茎などの腫れや出血などもほとんどありません。

これからも、歯磨きを手抜きすることなく行い、虫歯にならないよう、また健康的な歯や歯茎の状態を維持できるように心がけ、定期健診も毎回通い、歯の状態をチェックしてもらうようにします。

コメントは停止中です。